缶詰会

先日、缶詰の会を開催しました。

きっかけは仙台の優秀なプランナーH氏との会話。
最近、缶詰料理の提案が多いんだよね~と話したところ、缶詰について熱く語るH氏。この方、引出が豊富なので、どの角度でお話しても熱いトークができてしまうのですが。笑
そんなH氏によると、食品ロスにもつながらないということで、飲食店でも缶詰料理を取り入れるお店が増えてきているとか。
それと、震災の保存食として缶詰は大量に食品庫にあるけれど、ありがちな食べ方ではつまらない、、という声も多数。

なら、缶詰会をやっちゃおう!!!ということで、早速その日のうちに開催を企画。

わたしは缶詰をイタリアンにアレンジ、そうして、さらに強い助っ人も登場。フレンチの名店カシュカシュのやすこ先生。缶詰をフレンチにアレンジしていただきました!!

使った缶詰は10缶。銀鮭缶はスフレに、サバ缶はきのこマリネとあわせ、カレイの縁側はナスのマリネと合わせ、ムール貝はクラムチャウダー、カニ爪肉はとれたて野菜のサラダにあわせて。やすこ先生、爆裂スピードで次々繰り出していただきました。どれもものすごい美味しさ。缶詰とは思えない美しい盛付。

お客様が来る前にはテーブルもきちんとセッティング。缶詰だからこそゴージャスな気持ちで召し上がっていただきたい。
IMG_2404
IMG_2407
私からは、アヒージョ缶のオイルをつかったフォカッチャ、くじらの大和煮をつかったくじらラグーの生パスタ、鮭缶をつかったお米のサラダ、ほかにもつくろうと思ったけれど、今回はここまで。
IMG_2433

IMG_2432
缶詰の醍醐味はこれ!とおもむろに火をつけたH氏。こういうのも楽しい。

缶詰のアレンジ、香草を多用につかったりすることで、一気に美味しさが倍増します。
まだまだ食べてみたい缶詰もたくさん。

大人の会らしく、ワインも7本あきました。ひとり1本(笑)ビールに日本酒も、、、、翌朝数えて苦笑い。

とても好評だったので、第2弾企画します!
またみなさまぜひお越しください。今回ご参加くださったみなさま、心からありがとうございます。最高級缶詰を提供くださったマルヤ水産様、やすこ先生、アイディアをくれたH氏、おつかれさまでした!!