Villa tiboldi

120331a1

わたしが働いているのはワイナリー“Malvira”併設のホテルレストラン“Villa tiboldi”。
周りを見渡すと、秋にはたわわに実るブドウ畑が広がっており、ホテルからの眺めも、シェフたちの作り出すピエモンテ料理も最高に美味しい、とても素敵なレストランです。
働きながら、そうして、美味しいワインを飲みながら秋の収穫に思いを馳せて過ごしています。
さて、緊張のレストラン初日。揚げ物をまかされました。
天ぷらには絶大な信用がある日本人。イタリアのフリットが食べたいなぁ、、と思いながらも、やはり天ぷらの威力強し。それから前菜をまかされるように。昨日はカナッペを担当。いやな予感がしたのよね、、案の定、あだ名がかなっぺに。もっと洒落たあだながよかった。。
週末は50名ほどのお客様がいらっしゃるので、厨房は大忙し。ここには働き者のイタリア人がたくさんいます^^

イタリアに到着!

イタリアに到着しました!

今回の滞在目的は、大好きなワイナリーに併設されているホテルで働くこと。

いったいどんな仕事をするのか全く分からないけれど,信頼しているワイナリーのオーナー、ロベルトおじさんに、“おいで ~"と言われたら、喜んで行かせていただきます!と来ちゃいました。

実はロベルトと初めて会ったのは仙台。5年ほど前に仙台でのイベントで来日していて、そこからのお付き合い。

最近では、友人と企画した被災地へのチャリティーワインイベントに協力していただいたり、、仙台のことをいつも気にかけてくれていているとても素敵なおじさまです。



日本からローマまでの移動時間は12時間。さらに移動してトリノ空港へ。

そこから車で1時間、数年前から何度か訪問しているワイナリー“malvira”にようやく到着。

ロベルトと感動の再会もそこそこに、さっそく7種類のワインのテイスティング。

幸せ~、美味しい~と浸りつつ、そうして、ワイナリー見学に来ていたノルウェー人のお客様と一緒に、今回働くことになった“villa tiboldi”に食事へ。

飛行機で一睡もしなかった疲れ果てた身体も、沁み渡るワインで回復してとても心地よく、美味しいピエモンテ料理の数々に、またここに帰ってこれた なぁ、、と噛み締めつつ、締めのグラッパ(アルコール度数がとても高い食後酒)を2杯飲み干して、その夜は気持ちよくぐっすりと就寝。

さて、明日からどんな仕事をするのだろう、、と期待しながら。。。

120329a1

はじめまして。

こんにちは。はじめまして。

本日からブログを始めさせていただきます、阿部加奈子です。
簡単な自己紹介をさせていただきますと、仙台市内でイタリア料理教室Buonappetitoを主宰する、オリーブオイルソムリエです。

…簡単だなぁ。また少しずつ紹介させてください。照れ症ですので。

さて記念すべき第1回目なのですが、明日からのイタリア行きに備えて準備でワタワタしています。
これからスーツケースに荷物を詰め込むぞ!と思い立ったものの、冷蔵庫にあるマスカルポーネチーズがどうしてもわたしを呼んでいる気がしてならない。
チーズ2種類が入った簡単ケーキ焼いちゃいました。
卵と砂糖とチーズと粉、そうしてリンゴを刻んで混ぜて焼くだけ。

こんな簡単レシピをいまドキマガジンの“ほめらレシピ”といまドキmobileでご紹介させていただいています。
みなさん、ぜひ作ってみてくださいね。
これからよろしくお願いします!