キッチンスタジオ完成

イタリア滞在記がようやく書き終えました!

帰国して仙台に戻ってからは、キッチンスタジオを設立し、あわただしい毎日が続いています。

自宅庭の離れに作ったこのスペース。

IMGP0184

緑がたくさんあふれる庭を見ながら、生徒さんたちとたくさん笑って、美味しいゴハンとお酒を飲んで、のんびりとした幸せな時間が過ごせるように・・・という思いで作りました。

愛してやまないMALVIRAのワインをたくさんご用意して、みなさんとお料理できるのを楽しみにしています!

IMGP0324

カラブリア空港から日本へ!

いよいよ最終日。
カラブリアの小さな空港からローマ経由で日本へ旅立ちます。

カウンターでチェックインを済ませ、そうして、免税手続きはどこでするのか質問すると、、
“いままでそんな仕事をしたひとはこの空港にいないわ”と、ラテン感あふれるお姉さんがバッサリと即答。
はーー、、、そんなわけないでしょうよ、、、いろんな場所をたらい回しにされ、結果、空港警察へ。麻薬チェックで段ボール箱を隅々まで検査中のお じさまたちが、どれ、お前らはどんな荷物を運ぼうとしてるんだ・・・と言わんばかりの怖い顔でスーツケースチェック。あの、、、免税品のチェックだけのは ずよね、本来。。。
ところが、スーツケースをチェック中、わたしのあふれんばかりの食材にみな興味津々。

“おーーーー、カラブリアのオリーブオイルは最高だぜ”とか

“種入りオリーブオイルと種無しオリーブオイルの2タイプを買うなんて、物好きだなぁ”とか。

もう免税品チェックはそっちのけで、食材談義で盛り上がる盛り上がる。
そうして最後は、よし、ゲートまで見送っていこう!・・ということになり、BARでコーヒーをごちそうしてもらい、おみやげ店で食材の説明を一通りしてくれたり、、と至れり尽くせり。

イタリア人て、一度懐に飛び込むと、こうも親切にしてくれるところが面白い。
ゲートをくぐっていく別れ際には、空港職員に、“よくしてあげてくれよ・・・”と引き継ぎまでしてくれて(笑)

次回カラブリアに来たら、料理の先生を紹介してくれるとまで約束してくれた、親切なおまわりさん。
またぜひ会いたいものです。

そうして、今回の旅は終了。
次回は秋のブドウの収穫に合わせて渡伊するぞーーーー!!!

IMGP7733~1

旅の最後のディナー

イタリア最後のディナーは、、海の幸たっぷりのトラットリアへ。

予約していた19時に入店すると、はい、お決まり。誰もいないパターンです。
南イタリアの夕飯は21時くらいからが基本。こんなに早い時間から食事するなんて、観光客くらい。
それでもテーブルに着くと、奥のほうでは店員全員がテレビにかじりついている。
バイクのレースがいいところだったらしく、こちらに来る気配なし。“適当に座ってて!”のジェスチャーのみ(笑)
仕方なくテーブルでもてあましていると、きっと、おまえが行ってこい!と追いやられた12歳くさいの少年。パリッとエプロンをしてオーダーを取りに。かわいい。。・・・でも、まさか、子供にワインのこと聞けないよね、、ということで適当にオーダー。
そこから先は、あれよあれよとものすごい量の魚料理がテーブルにてんこもり。ひとり分だと出されたパスタは5人分くらいある盛りっぷり。

IMGP9535

IMGP9536

さすが、南イタリア・・・(笑)
飲んで、食べて、イタリアらしい気ままな食事を楽しんで最後の晩餐は楽しく終了しました!

カラブリアでお魚ランチ

さて出発。
今まで山の幸を堪能してきましたが、海沿いを快調にドライブし、ランチは“osteria lo sciamano”

IMGP9519

お店の雰囲気もよくて、こちらも期待大!
メニューはなく、おじさんがおすすめの食材を次々に運んできてくれる。

IMGP9524

いわし団子、シラス焼き、ムール貝、、次々に出される海の幸。こういうの食べたかった~。
ここ数ヶ月の食事といったら、ひたすら生肉、生肉、生肉、、そろそろお魚も恋しかった!

IMGP9522

ワインはstattiのgrecoをオーダー。ブドウの品種はグレコビアンコ100%です。
すっきりしていてお魚料理と相性抜群。
パスタはフェンネルたっぷりのさわやかパスタ。これも美味しい!

ちょっと臭うおじさんに目をつむれば、、、最高なお店です(笑)

カラブリアのアグリツーリズモ

本日のお宿はカラブリアの“Azienda Ceraudo”。

IMGP9502

オリーブオイル、ワインなども作っているアグリツーリズモです。
周囲はオリーブの木に囲まれ、大きなサボテンが連なり、レモン、オレンジがたわわに実っています。
夜の食事はこちらの宿のホテルレストランへ。
ワインは“PETRARO”を。これはGAGLIOPPO 50%, CABERNET SAUVIGNON 50%ブレンドされたもの。ガリオッポは主にカラブリアに普及している品種です。
タンニンがちょっと強めなこのワインには、ちょっとこってりのパスタ“カラブリア風カルボナーラ”を合わせました。
オイルベースのとっても美味しいカルボナーラでした!

IMGP9514

雰囲気もよく、レストランの食事もとっても美味しいおすすめアグリツーリズモです。