シチリア夜のイベント

2回目のイタリア留学はシチリアからスタートしました。
映画グランブルーの舞台となったタオルミーナ。とても美しい街です。



よくイタリア人に,タオルミーナに住んでいたのよね、と言うと“お前は女優か!”と突っ込みをいただくほどのリゾート地。
夏になるとバカンスを過ごす人であふれ、治安もとてもよく、とてもきれいな街です。

語学学校に通いながら、午後は知人のイタリア人から料理を習い、お休みの日は海で過ごす、、という毎日。
おかげで真っ黒に日焼けしました。その当時を知る人はわたしを“黒豆”と呼んだほど。



実は、イタリア。日焼けしているほうが、よしとされる風潮があります。
日焼けしていればいるほど、バカンスに行ける余裕がある人と思われるんです。
逆に色がしろーいと、バカンスに行く余裕もないのねぇ、、、となる。
美白ブームの日本とはちょっと違います(笑)

夏の夜、シチリアで2番目に大きいといわれるギリシャ劇場ではイベントが開催されます。

このギリシャ劇場、あのゲーテに、世界中のどんな劇場の観客もこれほどの景色を目にすることが出来ないだろう、と評された美しさ。
わたしもよく遊びに行きました。写真は音楽祭のときのもの。


タオルミーナ、わたしにとって初のシチリア。
大好きで思い出深い、大切な街です。

la madernassa

いよいよ夏本番。
イタリアもとても暑い日が続いているらしく、連日の暑さをなげいている友人たち。
わたしもイタリア留学当時は苦しかった。
毎日水風呂につかり、扇風機は手放せず、寝苦しい毎日・・・。


こんなときはプール付きのレストランがおすすめ。
イタリアピエモンテ州アルバ近郊にあるこちらのレストラン、きっと今ごろ楽しんでいるお客様がたくさんいるのでは。
レストランはとにかく豪華、広い!
いろんなタイプのお部屋があり、テラス席もあり、、さまざまなシチュエーションを楽しませていただきました。

 IMGP9164

IMGP9172

レストランの名前、la madernassaとはこの土地名産の洋梨の名前。

IMGP9173

このお店でいただいた洋梨デザート、本当にどれも絶品でした!
もちろん、デザートだけでなく、お料理もぜんぶ美味!

スタッフに日本人がいるので、安心して楽しむことができるレストランです。
大変腕のいい料理長ですが、頼もしく、とっても面白いお兄さんです(笑)

オリーブオイル

大好きなオリーブオイル。
特にシチリアの、青い香りがするオリーブオイルが大好きです。

今頃、シチリアではどんな実をつけているんだろう。。
今年はどんな香りのオイルができるんだろう。

秋の収穫時期がとても楽しみです。

IMGP3505

羊のチーズ

今月の料理教室ではペコリーノチーズを使っています。

ペコリーノチーズとは、羊のチーズ。

ちょっと塩気が強いのですが、羊特有の香りがくせになる味。
サラダの上にかけたり、パスタにかけたり、いろいろな使い方ができます。

わたしのお気に入りはサルデーニャ産の“ペコリーノサルデ”。
サルデーニャを訪れたときには、その羊の多さにとても驚きました。
チーズ工場の羊たちもかわいかった♪

IMGP1060

IMGP1074

話は変わって、、サルデーニャといえば、、、有名なのが“ウジ虫入りチーズ”。。。。
これだけは食べれませんでした。
美味しそうに食べていたサルデーニャのひとたち。
・・・うーーん、、、強いアルコールで消毒しながらいただけば、大丈夫なのかもしれません。。

イタリアの広場

イタリアの観光名物のひとつ、広場のおじいちゃん。

マンマたちが家の仕事をもくもくとこなしている間、おじいちゃんたちは広場に集合。
毎日おなじ仲間と同じ場所でおしゃべり。
小学校から毎日この広場でこいつとしゃべってるな~なんていうおじいちゃんも。

わたしも広場でのんびりすることが多いのですが、この日は乱入者が。
若めのおじちゃん、まだまだ現役イタリア男風(笑)
アイスを食べながら近寄ってきました。
当然無視し、イタリアのきれいな夕焼け写真を撮ろうと撮影を続けるわたしの前にグイグイ立ちはだかる。
どうやらアイスを食べてる姿を撮ってほしいらしい。。
仕方なく一枚パシャリ。写真を確認するとにこにこ笑って、満足気に帰っていきました。


イタリアではギラギラしたおじいちゃんたちにたくさんナンパされます(笑)
やさしい日本人女子はとてももてるようです。
ただし、、中には悪い男もいるので要注意です!

意外といい写真がとれました(笑)

IMGP7776