寒いーーーーー

 

週末を境にグンと冷え込むようになりました。

日本から持ってきたのはカーディガンのみ。
寒さにこらえきれず、とうとうお買い物しました。
清水の舞台から飛び込む覚悟で買ったコート。
元値が何と7780ユーロ!
これが破格の値段になっていたので思わず購入。
思わずではないな、、店員さんがもう相手をしてくれないほど、試着したけど。。
レジの直前までもひょっとしたら数字の見間違いでありやしないかと、ドキドキドキドキ。。
それを大切に大切に着込んで、帰国したら馬車馬のように働く覚悟を決めて,残り3日のイタリア滞在、楽しみます。

フィレンツェのお部屋

 

カラブリア滞在記は日本に帰ってからゆっくりすることにして、、ただいまフィレンツェにいます。

今回のお部屋はドゥオモの近く。共有のサロンもあり、部屋にはキングサイズのベッドと、シングルベッド。とにかく広く快適、、のはずだった。。


早朝、テラスに続く窓のすぐ向こうで男たちの声が。。。

慌てて荷物をまとめて臨戦体制。
窓を突き破られるのかもしれない。


耳をそば立てると、ひどいトスカーナ弁。
昨日はポルチーニ食べたべーーー的な。。。

屋根の修理工でした。。
朝っぱらから、、怖かったよーーーー。

このホテル1番の売りのテラスは当分、修理中のようです。





カラブリア到着

パルマから次の目的地はカラブリア。

ローマからバスに乗ること6時間。
21時に到着し、現地は、すでに真っ暗。
カラブリアは危険だから行くなと、友人皆に言われながらも見てみたかったカラブリア料理。
早速翌日からレッスン開始です。

エミリアロマーニャ

 

ベネチアから移動して次はパルマ。
美味しいものの宝庫です。
バルサミコ工場を2軒見学し、パルミジャーノ工場へ。
美味しすぎるチーズと出会いました。
説明してくれたお兄さん、“ペーター“と命名。

ベネチア

くよくよしても仕方ない,と、気持ちを割り切りベネチアへ。

 サンタルチア駅を出ると、眼前に広がる、これぞベネチアという風景。

 素敵ーーーーー。

 3年ぶりのベネチアは、やっぱりいい。 水の音、船の音、ゴンドリエーレの口笛。

全部がしっとりゆったり体に沁み入る感覚。

 ジョニーデップとアンジェリーナジョリーの映画“ツーリスト“のロケ地となったダニエリでカクテルを飲んで、長旅の疲れとこれからの不安を忘れてのんびり。

・・・・機内用の部屋着スタイルとどすっぴんが時折現実に引きもどさなければ。。

 着替えと化粧品、、ロストバゲージになったら、 女性はまず最初に必要です。