いまドキ8月号

いまドキマガジン8月号出ました~♪
IMGP3546
今月ご紹介させていただいてるのは、
“タラッリ”と”いわしのパスタ”

タラッリは、食事前のアペルティーボの時間につまみとしてもよく食べられます♪
IMGP3316
写真はミラノでアペルティーボしたときのもの。

このときわたしが飲んだのはスピリッツ。おつまみは、タラッリにポテチにブルスケッタなどなど。

もちろんタラッリはビールにもとってもよく合うので、ぜひお家で作ってみてくださいね♡

シントラへ

ポルトガルでは世界遺産の街“シントラ”へ行ってきました。

ベーナ宮殿への門。鍵穴に象られたアーチの門には、手、鍵、が刻まれていて、心の清いものがその鍵を鍵穴にさしこめればアーチをくぐれる。心が汚れているものであれば、その手がそのものをつぶしてしまう・・・というストーリーがあるらしく、なんともファンタジー。

IMGP3251

そうしてさらに、ファンタジーのような景観のベーナ宮殿に入り、

IMGP3257

ギリシャ神話のトリトンが怖い顔でキーッとにらみつける真下をとおり

IMGP3272

内部を見学。シントラの街を一望に見渡せる高台でギラギラした太陽の下で少しのんびりしていると、、観光客に話しかけられました。

“あなた、日本人?日本人なのに、帽子かぶってないの?日本人っていったら、帽子にサングラスにあのながい手袋でしょ?”

・・・。長い手袋???日焼け防止のあの手袋、日本人の代名詞になっているのね(笑)
わたしは帽子もしない、サングラスは忘れ、あの手袋は持っていないので・・・・。

そうして、このブラジルから来た方々と仲良くなり、ランチを一緒に食べました♪

ブラジルの方おすすめの、白ワインのサングリア。たくさんのフルーツが入っていて、本当においしかった~♡
途中でお父さん、酔っぱらってふらふらになり、帰り道に出会った路上アーティストの演奏で盛んに踊ってたけど。ブラジルの血か・・(笑)



そうして、次の観光地、ロカ岬へ。
ユーラシア大陸最西端の岬。ここは気持ちよかった~。しばらく岩場でのんびりし、海風にあたりながら、ゆーっくりしていました。

IMGP3286

普段はあまり観光をしないので、たまにはこんな観光三昧な一日もいいものでした!

ラムフェスタ♪

先日、お誘いいただき“Rum Festa”に行ってまいりました。
IMGP3537
フレンチクレオールラムの祭典とうたわれたこのフェスタ。

・・・フレンチクレオールラムってなんだろう?

クレオールとは、フランス本国とは異なる文化をもつカリブ海を中心とする地や人々をさし、その地で作られるラムの総称ということで“フレンチ・クレオール・ラム”

通常のラムの製法とは異なり、こだわりの製法で贅沢に作られたラムというのも特徴のひとつ。

会場にはこのラムを使った伝統的なカクテルが12,3種類並び、わたしもたくさんいただいちゃいました。

お気に入りは“パッションミントティポンシュ”。
ミントがたっぷり入っていて、ラムの香りが上品に香って、夏にぴったり。何杯でも飲める(笑)

ラムっていつも敬遠しがちだったけれど、、、これでわたしのお気に入り飲み物リスト上位にランクインしました!

会場には知っている顔の方がちらほら。
わたしが知っているお店でいうと・・・

“IL DIVA”

“ZaZa”

“Bar 片岡”
上記のお店でこちらのお酒が飲めるそうです♪

うーん、、飲みたくなってきた♡



リスボン散歩

ポルトガルでは素朴で美味しいお菓子にたくさん出会いました。

パリパリのパイ生地に卵が濃縮されたカスタードがたまらない”エッグタルト”

IMGP3247

カステラの原型と言われる”パンデロー”
IMGP3220
ナプキンの形に見立てた”グアルダナップ”
GetAttachment
写真はこれしかないけれども、ボーロアンリアーノもフルーツがぎっしり詰まっていて美味しかった。
なんといっても、素朴!

街歩きをしながら、ふらっとカフェに入り、

“ポルトガル伝統的なお菓子が欲しいんだけど~”というと

“ふふん。何言ってるの。全部、ポルトガルのお菓子よ。好きなの選びなさい。”と言われてしまい

“さて、、、、どうしようか、、”とショーケースを眺めても、なんだかどれも茶色く素朴な焼き菓子。違いが分からん!

これと、これと、これ!と選んだところで、味かぶりをすることもしばしば。
でも、どれを食べても、本当に素朴で懐かしい味。

なかでも、お気に入りは、やっぱり、パンデロー。
ともこさんのお店のパンデローは半生で格別。来月のレッスンではがんばって再現してみますね!

さて、味かぶりで残したお菓子は袋に入れて街歩き。
ふらりと立ち寄った、さくらんぼのお酒ジンジーニャのお店。

IMGP3296
店構えは雰囲気があって素敵。20度ほどの甘いお酒ですが、グイっとひと飲みし、またお菓子をかじって街歩き。
暑いながらも、リスボンの街歩きは新鮮で楽しい♪

 

ポルトガル初日

ポルトガル1日目。

ドバイを経由して仙台から丸一日。やっと到着。

ポルトガルはタクシーのぼったくりが多いと聞いていたので、インフォメーションでタクシーチケットを買い、安全に。
バウチャーのほうが高くなってしまう場合もあるよ~とインフォメーションのお姉さんには言われたけれど、旅の最初から嫌な思いをするのはいやなので、安全策で。
こんなとき、心で繰り返すのは”安全・安心はお金で買う”。これでちょっと納得(笑)

さて、ついて早速お料理教室へ。

元気いっぱいな智子さんに教わる料理はどれも素朴でとってもおいしい~~~~~~♪
はっきりいって、ポルトガルで食べたもののなかで一番美味しかったのはここの料理!
著名料理研究家がこぞってともこさんのもとを訪れるのがよくわかる。
IMGP3208
長旅のつかれもふきとばす、美味しいお料理の数々。
できあがったお料理は、ともこさんのレジデンスに滞在されていたパワフル女性恵理子さんと一緒にいただきました。
ともこさん差し入れのvino verde(フレッシュな白ワイン)があまりに美味しかったので、奮発して高級vino verdeを購入。

ポルトガルの夜をファドを聞きながら、開けた窓から流れてくる風の心地よさが酔い覚ましになりながら、なんとも贅沢な旅の初日。
恵理子さんのお話しもとても楽しくて、ワインも進み、2本あけちゃいました(笑)
IMGP3216
ポルトガル、気に入った!