ペコリーノチーズ工場

フィレンツェ到着!

街歩きをして、、翌日はペコリーノチーズ工場へ♪

ここにはたくさんの動物がいました。犬、子犬、羊、ヤギ、あひる、にわとり、牛、、とにかくたくさんの動物たち。

賢いワンコの誘導できちんとまとまって移動する羊たち。いい仕事をするたびに、飼い主にほめられに、全力で戻ってくるワンコ(笑)
IMG_2108-2
牧場を見学し、いよいよチーズ作りの見学。
手作りで丁寧につくられる羊のリコッタ。こんなフレッシュなペコリーノチーズは日本では食べられない!
IMG_2103-1
ランチは自家製のハムとチーズとワイン。
チーズやサラミに添えたパプリカのジャムが絶品。
IMG_2146

チーズが苦手かも~という方もいらっしゃったので、ドキドキしましたが、こんなチーズは初めてだ!と気に入っていただき、一安心。
みんなでワインを飲んでワイワイしながらトスカーナのランチを楽しみました♡

トリノ散歩

サローネデルグーストの翌日はトリノ散歩。

トリノの街を歩きながら、ビチェリン飲みに行きましょーとみんなで散歩に繰り出しました。

すると、ホテルから出てすぐに素敵なカフェを発見。へぇ、、、なんてのぞいていると、いい男発見。どっかで見たことある。
カメラクルーもたくさん。
おぉ!!!!ジェイミーオリバー!!!!
IMG_2052
生徒さんのテンションとは反対に大興奮のわたし。ちらちら目が合うたびに恥ずかしくて隠れてしまうほどのマジ照れ。みんなが言うには、おそらくわたしとは目があってないって話。
ショーケースの間から写真バチバチとりました。時々、手を振ってくれるところがまたドキドキさせられる。

興奮おさまらぬまま、、といいたいところですが、そこからわたしは道に迷い、みんなを連れまわしながら歩くことなんと1時間。別のアドレナリンがでました。。たった30分のみちのりのはずが。。。
ようやっと老舗カフェのアルビチェリンへ。

名物ビチェリンとザバイオーネを注文しました。アルビチェリンに来たのは4度目ですが、この店では初ザバイオーネ。お酒がけっこう強かったけれど、美味しかった♡
IMG_2056

そうして、いよいよフィレンツェ移動です♪


バーニャカウダ

展示会場をあとにし、ちょっと休憩。

のち夕食へ。

ピエモンテの代表的な郷土料理といえば、バーニャカウダ。

でも、これって、実際あんまり食べてる人をみたことがない。
レストランではほとんどおいていないので、家庭で食べる人が多いのかな?と思っても、実際ピエモンテ人でバーニャカウダを頻繁に食べる人ってあまりいないような気がする。。
生クリームでのばしたり、アレンジしたソースはもちろんたくさん見かけるけれど、いわゆる、日本のお店ででてくるようなそれに出会うことって本当にまれ。

ところが、ホテルの近くに一軒だけ、バーニャカウダを売りにしているお店を発見。
レストランのバーニャカウダ、初めて食べました。
これが、強いニンニクを嫌がる、北イタリアの人の口にあうようなまろやかなソースで絶品☆
野菜をたっぷり食べました。
そのほかにもヘーゼルナッツのリゾットも美味しかった。

IMG_2700
トリノに行ったら、また行ってみたいお店です♪



サローネデルグースト

そうして、今回の旅のメイン、、サローネデルグーストへ!
2年に一度のこの祭典。気づけばもう4回目かな。

今回も魅力的ないろんなブースがでていました。

最初はきゃーきゃー感動しながらブースからブースへ駆け回り、ひとつひとつ丁寧にじっくり見ていた我々も、最後は足をひきずりながら、へとへとになりながら、それでも会場をじっくり見て回りました。

今回、印象に残ったのは、パンダのようなきれいな豆と、サルデーニャのミルトの飲み比べ。
IMG_2002

IMG_2009
悔やまれるのが、ミルトを買ってこなかったこと。。。
くぅぅぅぅ、、、、来年サルデーニャに行こうかな。。

ピスタチオ、バルサミコ、チーズ、ケイパー、買いまくりました。

少しずつですが、お教室でご紹介できればと思っています♡




アルバ散歩

アルバ散歩。

街は白トリュフでいっぱい。
IMG_1968
お昼は当然、白トリュフでタヤリン食べますよね!!!!と話したところ、、、

お魚食べたい~~~とのこと。

えぇぇぇぇ~~~~~ここアルバまで来て、いいんですか????と確認するもお魚希望。

それでも、美味しいお魚いただきましたよ。アルバでお魚。わたしも初めて食べました(笑)

そうして街散策は続き、かわいいイタリアっぽいかわいいお菓子屋さんをのぞいたり、とても楽しい散歩日和な一日でした♡
IMG_1977