缶詰会

先日、缶詰の会を開催しました。

きっかけは仙台の優秀なプランナーH氏との会話。
最近、缶詰料理の提案が多いんだよね~と話したところ、缶詰について熱く語るH氏。この方、引出が豊富なので、どの角度でお話しても熱いトークができてしまうのですが。笑
そんなH氏によると、食品ロスにもつながらないということで、飲食店でも缶詰料理を取り入れるお店が増えてきているとか。
それと、震災の保存食として缶詰は大量に食品庫にあるけれど、ありがちな食べ方ではつまらない、、という声も多数。

なら、缶詰会をやっちゃおう!!!ということで、早速その日のうちに開催を企画。

わたしは缶詰をイタリアンにアレンジ、そうして、さらに強い助っ人も登場。フレンチの名店カシュカシュのやすこ先生。缶詰をフレンチにアレンジしていただきました!!

使った缶詰は10缶。銀鮭缶はスフレに、サバ缶はきのこマリネとあわせ、カレイの縁側はナスのマリネと合わせ、ムール貝はクラムチャウダー、カニ爪肉はとれたて野菜のサラダにあわせて。やすこ先生、爆裂スピードで次々繰り出していただきました。どれもものすごい美味しさ。缶詰とは思えない美しい盛付。

お客様が来る前にはテーブルもきちんとセッティング。缶詰だからこそゴージャスな気持ちで召し上がっていただきたい。
IMG_2404
IMG_2407
私からは、アヒージョ缶のオイルをつかったフォカッチャ、くじらの大和煮をつかったくじらラグーの生パスタ、鮭缶をつかったお米のサラダ、ほかにもつくろうと思ったけれど、今回はここまで。
IMG_2433

IMG_2432
缶詰の醍醐味はこれ!とおもむろに火をつけたH氏。こういうのも楽しい。

缶詰のアレンジ、香草を多用につかったりすることで、一気に美味しさが倍増します。
まだまだ食べてみたい缶詰もたくさん。

大人の会らしく、ワインも7本あきました。ひとり1本(笑)ビールに日本酒も、、、、翌朝数えて苦笑い。

とても好評だったので、第2弾企画します!
またみなさまぜひお越しください。今回ご参加くださったみなさま、心からありがとうございます。最高級缶詰を提供くださったマルヤ水産様、やすこ先生、アイディアをくれたH氏、おつかれさまでした!!




vestri

お誕生日にたくさんのプレゼントをいただきました。

こんなにいただいて、みなさんへのお返しはいったい何にしよ~~と悩んだ末、、、チョコレートにしました^^

フィレンツェに住んでいたときに近所にあったチョコレート屋さん。ドゥオモ近くの人気のお店で、派手な外観もかわいらしいお店。
そのお店のチョコが日本でも購入できると分かり、大好きなみなさんへのお礼はやっぱりわたしの大好きなお店のものがいいな、と即購入。

自分の分も取り寄せたので、懐かしい味を美味しくいただきました。

あ~、フィレンツェに行きたい!

IMG_2372


いちじく

いちじくが美味しい季節。

いちじく大好きな父さんが、実家の庭からじゅくじゅくに熟れたものを大量にとってくるので、
父さんの口に入るかわたしが仕込むかで競い合い、結果、わたしが大量にジャムを仕込むのが毎年の定番。

ただ、今年は父さんの調子がちょっと悪いので、いちじくを拾ってくる人がいない。。。
なので、今回はお店で購入したいちじくでジャムを作りました。

ケーキにしたり、パンにあわせたり、チーズにあわせたり、、あぁ、楽しみ。

IMG_2337






きのこパニーノ

今日は暑くて気持ちのいい一日。

ただ、吹く風は秋を感じさせます。そうなると、、やはり食欲は秋にシフト。秋の食材が食べたくなります。

今日のお昼はパニーノ。たくさんのきのことハムとチーズを入れて、グリルパンで焼きました。

焼きめが入ると一気に雰囲気がでるのも、グリルパンの魅力のひとつ。
パニーノ持って、山にピクニックに行きたくなります。

チーズとろとろのきのこパニーノ、レシピのご紹介を近々しますので、ぜひお試しくださいね。

IMG_2285




オリーブオイルセミナー

ちょっと前になりましたが、先日、“伯楽星”“愛宕の松”でも有名な新澤醸造さん川崎蔵にて、オリーブオイルセミナーをさせていただきました。

30人近くの蔵人たちの熱心さに、こちらもたくさんお話をさせていただきました。

5種類のオイルのテイスティングをしていただきましたが、さすが蔵人。
テイスティング力がとても高い!

セミナー後は、蔵を案内していただき、その徹底した管理と酒造りへの思いを聞き感動。
すぐにお酒を飲みたくなり、、、1時間のドライブののちの帰宅後、即抜栓。

いわしのつみれ汁とみょうがのピクルスをたっぷり入れ込んだつみれバーグと合わせていただきました。
伯楽星、いつでも感動の美味しさです。
IMG_2175
新澤社長、素敵な機会をいただきありがとうございました。