フッ素濃度

ブログを御覧の皆様、副院長の野口です。

今年は、冬の到来が早く、雪も寒さも厳しい毎日ですが、皆さん体調管理には十分に

お気を付けくださいsmiley-snow.gif

さて、最近の歯磨剤はフッ化物配合のものが殆ど(90%以上のシェア)ですが、

今年の3月に歯磨剤のフッ化物濃度について大きな承認が厚生労働省によって

下されたことを皆さん、ご存知でしたでしょうかicon_biggrin.gif

これまで薬用歯磨剤におけるフッ化物の配合量は1000ppm以下にするように

定められていましたが、その上限が1500ppmまでに引き上げられました。

今回の承認をうけ、現在、歯磨剤メーカーから販売されているものでは1450ppmの物が

一番高濃度です。

DSC_1550

フッ素は、歯が生え始めた時から小学生高学年まで特に歯に取り込まれやすいので、

毎日フッ化物配合の歯磨剤で磨き、年に2.3回のフッ化物塗布(9000ppm)を

習慣化して、むし歯予防していきましょうsmiley-fun.gif