不忘山へ

毎日暑い日が続いていますが、皆さんお元気ですか。

私は取材で外に出たりして、少し焼けました。

あと今ものすごく筋肉痛です(笑)なぜかと言うと、山を登ったから!

 

今から70年前、1945年3月10日の東京大空襲の日、

蔵王連峰の最南端にある不忘山に米軍の爆撃機B-29が3機墜落しました。

なぜ墜落したのか、真相は未だ謎のままです。

日曜日に、その現場を見に不忘山を登りました。

標高1700メートル。

目指すのは、B-29の搭乗兵士を弔うための慰霊碑がある1400メートル地点です。

image

最初は日陰の道が続きます。それでもかなりの傾斜。

image

次第に視界も開けてゴロゴロとした岩が・・・。這いつくばって登ります。

この時点で私はギブアップ寸前。

「ゴールはまだですか?」

「まだ」

「あと何メートル?」

「まだ三分の一しか登ってないよ」

「・・・(泣)」

こんな会話を繰り返していました。

image

上を目指すには、黄色い丸印をたどります。

「ガンバレ」「モウスグ ガンバレ」。

ううう、どなたが書いてくれたのですか。ありがとう。励まされました。

撮影も行いながら登ったので1400メートル地点に到達した頃には、

登り始めてから6時間ほど経っていました。

image

ゴールの記念に、案内を務めてくれた松本さんと写真を撮りました。

御年80歳・・・ということですが、信じられないくらいお元気でお若いです。

image

B-29の墜落当時のこと、終戦後の話、いろいろ伺いました。

 

撮影は登りで終了。あとは下りるだけです・・・。

少し易しい道を松本さんに教えてもらい、ゆっくり下りました。

image

 image

 お猿さんのように、木につかまりながら下山。

 結局、全行程10時間の登山になりました。

 

この模様は、来月放送予定です。

慰霊碑、松本さんの言葉、そしてB-29の残骸。全て見ごたえあると思います。

取材クルーみんなで頑張ったので、是非見ていただけると嬉しいです。

近づいたら、またお知らせしますね。