休みの日に

IMG_6886

小口さんと気になっていたパンケーキのお店へ!

ふわふわで、3切れを一瞬で食べてしまいました。

IMG_6895

 小口さんにはいつもいろんな話を聞いていただいて、

とても助けてもらっています。本当に頼れる先輩です・・・☆ありがとうございます。

IMG_6651

IMG_6641

少し前ですが、山形に住んでいる友達とはケーキを食べに行きました。

学生時代、アルバイト先で知り合って以来のお付き合いです。

同じ時期に学生4人が採用されて、あとの2人は今東京にいますが、未だに4人で仲良くしています!

採用してくれた店長にものすごく感謝・・・୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

IMG_6893

そして、東京からは高校の友達が仙台へ遊びに来てくれました。

この日はちょうど大寒波が来ていて、一秒たりとも外に出たくない寒さでしたが、

牛タンに七味を大量にかけて、テールスープを飲んで、温まりました。

持つべきものは友だなぁ。とても楽しかったです(*˘︶˘*).。.:*♡

白石温麺

IMG_6695

先週からお伝えしている北海道・東北ブロック企画。

金曜日は宮城の白石温麺を取り上げました。

IMG_6696

私も手延べを体験させていただきました。力加減が難しい。

 

VTRではきちみ製麺所直営のお店・光庵で

油を使わないものとして「釜あげうーめん」を紹介しましたが、

お店では豚の角煮と温泉卵が入ったうーめんも食べました。とても美味しかった(^^)♪

ヘルシーですから女性も嬉しいですね。

最近はどんどん機械化が進み、手延べ製法を取り入れているメーカーは少なくなっているそうです。

手間と時間はかかっても、続いてほしい伝統です。

2017

IMG_6739

明けましておめでとうございます。

皆さんは年末年始ゆっくり過ごされましたか?

私は地元でのんびりできました。

祖父母の家に行ったり友達と会ったり・・・

IMG_6737

甘いものばかり食べていましたsmiley-fun.gif

 

皆さんにとって素敵な1年になりますように。

今年もどうぞよろしくお願いいたしますsmiley-pika.gif

セリ鍋( ❛ڡ❛ )

IMG_6700

先日、うみの杜水族館のツメナシカワウソ夫婦の苗字が決まりました。

くるりちゃん(メス・1才)がくす玉を割って・・・苗字は「海乃杜」に!

ソラくんと仲良く暮らすんだよ・・・!私の今年の取材納め(?)でした。

 

年の瀬ですね。

クリスマスはいつも通り明石家サンタを見ながら年賀状を書き・・・

夜は友達の家に数人集まって、こたつに入り、ぬくぬくしながらみんなで鍋をつつきました。

IMG_6713

大好きなセリ鍋!

普段はあまりお酒を飲みませんが、この日は少し日本酒をいただいて、

ちょっと良い気分になりながら(?)、日付をまたいでお喋りしました。

学生に戻ったみたいで楽しかった・・・♪♪良い一日でした。

 

さて、アナログにも書きましたが、今年はビュンと過ぎ去ってしまいました。

最後の2カ月はブログをいつもよりもたくさん(?)書きました!

取材先などで「ブログをもっと更新してほしい」と話しかけていただくことがあり、

最近は意識して更新してみました。

ブログを書くことは好きですし、喋るよりも素直になれる気がして楽しいです。

だから読んでくださる方がいることはとっても嬉しく、励みに思います。

いつもありがとうございます。

 

最後に!

今年のみんなのニュースの放送は明日までですが、

29日(木)には、ゲストをお招きして、

今年の県内のニュースを振り返る報道特別番組をお送りします。

「追いかける!宮城~みんなのニュースSP2016~」

29日(木)午前9時50分~ 生放送です。是非ご覧ください。

 

少し早いですが・・・今年も一年どうもありがとうございました。

良いお年をお迎えください。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

「国語辞典の遊び方」を読んで思ったこと。

IMG_6674

私はこれまで「アナウンサーですから、正しい日本語を話しましょう」と教わってきました。

でも、アナウンサーが話す日本語は常に正しいのかと言えば、そんなわけがない。

間違えることだってありますし、それに言葉はどんどん変わっていく。

だとしたら、正しい日本語は誰が知っているのか、誰が決めているのか、

そもそも正しい日本語は存在するのか。この本の、このあたりの記述がとても面白かったです。

特に、国語辞典を編纂する学者の皆さんはどう考えているのかという部分。

 

「辞書は人が書いたものなので、どれがもっとも正しい、ということはありません。(中略)メディアで叫ばれている『まちがった日本語』というのは、現象を切り取ったコピーみたいなもので、ことばに興味を持ってもらうためにはよいと思いますが、研究者はそういった『一見まちがったもの』を『揺れ』と言って、新しい表現、時代と時代の過渡期にあるような表現としてむしろおもしろがっています。」(サンキュータツオ 国語辞典の遊び方)

 

なるほどなぁと思いました。

正しい日本語、まちがった日本語、そもそもそういう考え方をしていない。

そして、学者の皆さんは、物事の変化や揺れを面白がっていて、

それを受け止める寛容さと柔軟性を持っている。とっても魅力的な人たちですね。

最近は、新しくなったアクセント辞典以外、私はもっぱら電子辞書頼りです。

でも、久しぶりに紙の辞書を引きたくなりました。

舟を編むでも度々出てくる「ぬめり感」、私もまた感じてみようと思います。